より多くの揚湯量、より高い温度を目指し、弊社では独自の『二重ケーシング工法』を開発しました。保湿性の高いファイバーグラスケーシングをストロー管として孔内に設置し、湯脈からの温泉をより温度の高い孔底より汲み上げます。同時にガス成分を排除することができ、より効率的な揚湯が可能となりました。



>>会社案内  >>技術  >>事例・業績  >>お問合せフォーム >>上へ